大きくない会社で働く若い知人と。

| コメント(0) | トラックバック(0)
有名ではあるものの企業の規模としては大きくないコミュニケーションエージェンシーで働く知人。まだ若く、キャリア的に決して経験豊富とは言えないのです が、初めて一緒に仕事をしてみて、彼が僕にない経験とスキルを持った、非常に有能なビジネスパーソンであることを知りました。

彼が有能なビジネスパーソンである(と僕に思わしめた)ことにはもちろん、彼自身の才覚みたいなものも関係していると思います。ですが、それ以上に彼の環境とその環境下での経験が生きているのではないかな、と感じます。

新卒採用で学生に超人のようなスキルを望み、でありながらそれを潜り抜けてきた優秀な人材を企業の仕組みを維持するための消耗戦に早々に投入し、スキルを 磨く機会も気概も奪っているという大企業みたいな状況が一方である中、大きくはない会社で経験を積み、着実に成長している彼。

そのように考えると、大企業が活かせもしないのに優秀な人材を囲い込む的なのはこの国にとって大きな害になってるな、なんてふうに思ったりもするのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kazunarihosokawa.com/mt-tb.cgi/19

コメントする

このブログ記事について

このページは、k-hosokawaが2012年1月11日 22:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「田舎ではオフラインソーシャルネットワークが発達してるなーという話。」です。

次のブログ記事は「旧世代の登場の話。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.11