米国の銃規制の話。

| コメント(0) | トラックバック(0)
もともと銃が厳しく規制されている日本に住む身にとっては「なんでそんなことに時間がかかるんだ。さっさとやめれば良いのに」と一瞬そう思ってしまいますが、実はこれは非常に難しい問題。
現に今隣に住んでいるやつは銃を持っている。てな状態で「明日から全員でやめましょう」て言ってもそれを誰が保証してくれるのか。撃たれてからでは遅いですからね。もし自分だけが銃を放棄したとして、そのあとに銃口を向けられたらと考えると。。。
で、ここからは宣伝なのですが、僕がやってるパブリックリレーションズというのはこういう状況で効果を発揮する考え方なのです。
銃規制などなどでお悩みの大統領の方、その他同様のお悩みをお持ちの方はぜひお声がけください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kazunarihosokawa.com/mt-tb.cgi/90

コメントする

このブログ記事について

このページは、k-hosokawaが2013年1月19日 13:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「組織全体を救うような飛び抜けた才能をもった人間がどうなるか?」です。

次のブログ記事は「TNAの日本語放送がはじまってるのね。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.11