ゴンゴンゴンゴンゴンゴンゴンゴンゴーンゴーンゴーン

  • 更新日:
  • おまけ
アニメとか特撮の主題歌と言えばふつうはオープニングテーマ。
エンディングテーマはどちらかと言えば日陰の存在です。

『ドラゴンボール』の主題歌を歌ってくださいと言われれば、たいていの人が「♪つっかっもうぜっ!ドラゴンボールっ!!」と歌うでしょう。「♪おいでファーンタジー...」と歌い始める人はかなりの変わり者ではないでしょうか。

しかしながら世の中にはオープニングテーマよりもエンディングテーマのほうが有名だったりするアニメや特撮があります。

『秘密戦隊ゴレンジャー』などはこれにあたるのではないでしょうか?
「♪バンバラバンバンバン!バンバラバンバンバン!」と始まるエンディングテーマの印象は強烈で、『秘密戦隊ゴレンジャー』は知らなくともこの曲は知っている、という人もいるのではないでしょうか。
この曲とくらべるとオープニングテーマのほうはいささか印象が薄いというか、あまり知られていないというイメージがあります。
「♪真っ赤な太陽 仮面にうけて」というこの曲を皆様はご存知でしょうか?

さて、ココから本題。
現在、東京MXでは『はじめ人間ギャートルズ』の再放送を行っています。
このアニメも『秘密戦隊ゴレンジャー』と同じように、オープニングテーマよりもエンディングテーマのほうが有名、というパターンではないでしょうか。
『ギャートルズ』のエンディングテーマ、『やつらの足音のバラード』は切ないメロディーと無常観漂う歌詞が人々の心を捉え、多くの歌い手たちによってカバーされている名曲です。
それとくらべると、オープニング曲はあまり有名でない、というか、メジャー系の音楽シーンからはまったく無視され、ともすると「他愛もないギャグ」のような扱いをうけているような曲なのですが...。
...いやいやこれがなんともすばらしい名曲なのです!!!

パワフルなシャウトから始まり、胸を揺さぶるような「ゴンゴンゴンゴンゴンゴンゴンゴン!!」という大合唱。
これから楽しいことが始まるんだぞ、というオープニングテーマとしてのこの曲のエネルギーを感じさせます。

続いて曲のメインパートとも言うべき歌詞つきの部分。
歌詞では叙景的に淡々と「はじめ人間」たちや原始世界の様子を描きながら、陽気なブラスとコーラスによる合いの手、そして勇ましいベースライン(この部分はウルトラマンのテーマに似ています)が、聴き手のワクワク感をほどよく維持させます。
このパートで蓄えられたワクワク感は、最後の「ゴンゴンゴーン」でまとまりを見せ、続く「マンモスだぁ~~~~~」で一気に爆発します。

ここからはアニメの登場人物たちの紹介。ゴンやドテチン、ヒネモグラといった登場人物たちの名前を歌い上げます。
実はこの部分がこの曲の一番の聴きどころ。バックで流れるギターが初期Led Zeppelinのギターソロのような感じで、ロック好き、ギター好きたちのハートをがっちり掴みます。

そして最後、楽しかったこの曲は最初と同じエネルギッシュなシャウトで幕をとじるのです。

このすばらしい曲を是非とも聴いていただきたいと思います。
東京近郊にお住まいの方は東京MXでやってますので、ぜひチェックしてみてください。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 10171683_10202108463336609_4098931910316391560_n.jpg

Powered by Movable Type 5.11