広告だから、記事だから、ではない話。

広告が見られなくなった、というのはよく聞きます。
ではパブリシティは見られているのでしょうか?

広告は見られてなくて、パブリシティが見られている、ということは決してないと僕は思いますね。
特にウェブなんかではそうでしょうね。

ウェブではプレスリリース丸写しの記事なんかが「ニュース」として掲載されているかと思えば、ちょっと気になるデータや占いなんかが「広告企画」として掲載されていたりすることが多いような気がします。
これ、どちらのほうが多くの人にメッセージを届けられるでしょうね。

例を挙げます。
「○×株式会社よりひざかけが新発売」
という見出しのニュース記事(パブリシティ)と、
「寒くなるこれからの季節。あなたの冷え性レベルをチェック」
という広告企画、どちらがよりクリックされるでしょうか?

パブリシティを生業とするPRパーソンにとって
「広告のように企業から直接伝えるのではなく、編集と言う第三者の目を通して書かれたパブリシティ記事は、より信頼性が高く、多くの人に接触されるのです」
というのは切り札的台詞です。
しかしながら、最近はそうでもないケースが増えてきたように思います。

大切なのは多くの人に接触されるようなコンテンツをつくる、というところではないでしょうか。
多くの人に好まれるようなコンテンツさえ作れていれば、それが広告だとか記事だとかそういうのは関係ないのではないでしょうか。

これはウェブだけではなくテレビとかにも言えることだと思います。
多くの人に好まれるコンテンツさえ作れていれば、広告のメッセージは十分に視聴者に届くと思います。
コマーシャルを早送りしてる最中でも「♪噛むとふにゃんふにゃんふにゃんにゃにゃんふにゃん~」が一瞬出てくると、早送りボタンを止めて見てしまいますものね。
逆に番組の中で見るに耐えないようなパブリシティが出てきてうんざりすることもあります。

CMだからウザいと思われる、番組だからウザいと思われない、ということでなく、コンテンツがウザいと思われるか、おもしろいと思われるかということなんだと思います。
そう言えば何年か前に「テレビCMを見ましょう」というCMがありましたが、あんなことをやらなくてもおもしろいCMはちゃんと届いてると思います(※)。

逆にウザいパブリシティは視聴者に届かない、というのも気に留めておくべきだと思います。


(※)
その「テレビCMを見ましょう」というCMは、コンテンツが実にウザかったという記憶があります。
おもしろくないギャグを言って「笑え!」と強要したり、視聴者を見下したような鼻歌を歌ったりするキャラクターがとにかく不評で、2ちゃんねるの実況とかでもボコボコに叩かれてましたっけ。「CMのウザさの象徴」みたいな感じで。
にもかかわらずそのCMが賞を獲ったりとかして、なんだかさむい内輪盛り上がりだなあと思った記憶があります。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 10171683_10202108463336609_4098931910316391560_n.jpg

Powered by Movable Type 5.11