最近テレビにはまっています。
11月に大きなテレビを買って以来、毎日テレビに釘付けです。
最近のテレビ番組は面白くない、というのをよく聞きますが、いやいや、まだまだ面白い番組はたくさんあります。
そんな中でもピカイチの面白い番組が、

ファ見る! - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E8%A6%8B%E3%82%8B!

「ファミリー劇場」の番宣番組なのですが、番宣番組とは思えない面白さ。

MCの別府あゆみさんがゲストのアニメキャラから出されるチープなむちゃぶりに答えていく、というのがメインの内容なのですが、別府さんのキャラクターが非常に際立っていて毎回笑い転げてしまいます。

1月の『ファ見る!』ではギャオス内藤さんと「ぐるぐる旗取り対決」「百円ライター一発着火対決」「亀レース対決」を行ったのですが、普段標準語の別府さんが大阪弁丸出しで対決にのめりこんでいて、思わず夜中にひとりで笑ってしまいました。

別 府あゆみさんといえば、多分そこそこ苦労をされていまのご活躍があるかと思うのですが、そんなことを感じさせない明るさ。これは彼女の持つ素のキャラク ターで、この明るさがあればこそ成功されているのだと思います(この素のキャラクターのまま出演された『魔法戦隊マジレンジャー』で、別府さん演じるピン クが「怪人が出てくるのを毎週待ってないでこっちから攻めて行けばいいのよ」と言ったセリフが印象的です。このセリフに彼女の性格が象徴されていると思い ます)。

そんな別府あゆみさんが番組の中で泣いたことがあります。
去年だったと思うのですが、離れて暮らすお母様から手紙が届いた時です。
ゲストののび太のお母さん(だったと思います)が読むその手紙は感動的で、普段笑顔を崩さない別府さんも思わず涙。のび太のお母さんは続けます。
「実はスタジオにこの方に来ていただいております。」
その言葉に驚く別府さん。まさか!と思ったときスタジオに入ってきたのは、別府さんのお母さんの偽者。
「ちがうー!!!!」
大声で叫ぶ別府さん。それまでのしんみりした雰囲気が台無し。

毎回こんな感じの『ファ見る!』。
視聴可能な方はぜひ見てみてください。