最近は紙幣で買い物をする人が増えている。
例えば、1000円のものを買うときに、10円玉100枚ではなく、1000円札を1枚出す、という具合にである。
ずいぶんお手軽なものだ。
確かに、紙幣の扱いに慣れている人にとっては、10円玉を100枚出すよりも1000円札を1枚出すほうが簡単なものなのかもしれない。

だがここで少し考えて欲しい。
仮に買いたいものの値段が1000円ではなく、1010円だったとき、紙幣で買い物をする人はどうするのだろうか?
ご存知のように、10円札というものはこの世にはない。
つまり紙幣で買い物をする人は、1010円のものを買うことができないのである。
これは考えてみると実に不便なことである。
重量の面や、製造の面から便利であると思われている紙幣が、逆に我々に不便さをもたらしているのである。

そう考えると、紙幣に頼りきる生活というのは危険なものであると思わざるを得ない。
紙幣ばかり使っていると、必然的に硬貨を使用するケースが少なくなる。そうなると、いざ硬貨が必要な場面で、正しく硬貨を使用することができなくなってしまうのである。
紙幣は言わば、危険な麻薬と言えよう。
確かに紙幣は硬貨に比べ、持ち運びなどの面で利点がある。だが、その一方で、人間が本来持っている硬貨利用の能力を低下させるという作用も持っているのだ。

最近の若者は、筆者の世代の人間ほど躊躇することなく、紙幣を利用しているようだが、筆者はこれに警鐘を鳴らしたい。
紙幣は硬貨の代わりにはなりえないのである。

また、現在、多くの企業でも紙幣を利用すべきか、それとも硬貨のままでいくのか、という議論が盛んに行われているが、ここまでお読みいただいたみなさまにおいては、その答えは明らかであることがおわかりかと思う。
紙幣利用では1010円のものを買うことが不可能だ。だが、(紙幣の利用に比べ多少手間がかかるとは言え)硬貨にはそれできる。紙幣は万能の魔法ではないのだ。

紙幣に過度に頼り、硬貨をおざなりにする現代人にはいつか手痛いしっぺ返しが待っているのではないか、筆者にはそう思えてならないのである。