2012年4月のエントリー 一覧

マスコミへのイメージってなんなんだという話。

  • 更新日:
  • メディア
今日ウェブ上で大きな話題になった

4月23日 マスコミの人間に心はあるのか-TECCMC's BLOG(但馬救命救急センターのブログ)
http://teccmc.blogspot.jp/2012/04/423.html

当初この記事にはコメント欄が開かれており、かなり活発な意見交換がされていました。
その中には罵詈雑言や脅迫めいたコメントなどもあり、それもあってか、今では全投稿削除の上コメント欄は閉鎖されています。

削除されているので、その内容についてあれこれ言うのはルール違反かもしれませんが、その中でどうしても紹介したいものがあったので。

ほとんどのコメントは匿名で書かれていたのですが、多くは記事同様マスコミの心ない取材手法を非難する内容のものでした。
が、中には「正義感丸出しで世間に訴えたいのはわかるが解雇されるだけでは済まなくなる。ことが大きくなる前に削除した方がよい」という内容のものや「悲しんでいる家族の様子を放送することで事件に対する世間の関心を惹くという効果もある。すぐにマスコミは腐っているなどと言うのはガキと同じ」「新聞記者の名前を晒す前に、(「センター長」ではなく)自分の本名を名乗ってから辞職を覚悟の上で書け」「報道は正義!遺族の心情など知るか!」など、マスコミと思しき立場からセンター長を非難するものもありました。

これらのコメントのうちいくつかは本当にマスコミ関係者の手によるものなのかもしれませんが、多くはいわゆる「釣り」なのではないでしょうか(いや、わかりませんが)。

これらの多くが「釣り」だったとして、インターネット上で今でもまことしやかにささやかれ続けるある噂を思い出しました。

何年か前の「朝まで生テレビ」での再現。
その日のテーマは「警察官の拳銃使用について」。
司会の田原総一郎と福島瑞穂の会話。
福島「警察官の拳銃使用は絶対反対。犯罪者と言えども人権はある訳ですしぃ~、犯人には傷一つ付けてはいけない。例え凶器を持った凶悪犯と言えども警察官は丸腰で逮捕に向かうべき」
田原「そんな事して、警察官が殺されたら?」
福島「それは警察官の職務ですしぃ~~」
(「ええっ~」と言う驚きの声がスタジオ中に響き渡る)
その声にまずいと思ったか福島が続ける。
福島「それに犯人がそんなに抵抗するんだったら無理して逮捕する必要は無いと思うんですよぉ~、逃がしても良い訳ですしぃ~」
田原「じゃっ、逃がした犯人が別の所でまた人を殺したら?」
福島「それはそれで別の問題ですしぃ~」
(他のパネリストの「おい、おいっ」という声と共にスタジオ中に 失笑が漏れる。

今でも「コピペ」として流通し続けているであろうこの噂、実はデマなんだそうです。
デマなんですが、いわゆる「人権派」の福島瑞穂氏であれば・・・という「人権派」へのイメージがこの噂をリアルなものとして流通させたのだと言われています。

なぜこれを思い出したか?
冒頭の記事のコメント欄に書かれたマスコミと思しき立場からのコメントも、これと同じようなリアリティをもって読まれたのではないかと思ったわけです。

取材現場の当事者によるインターネット上の書き込みを脅迫めいた言葉で削除させようとする行為や、自分たちこそ正義でそれに異論を持つ者は軽んじられるべきという主張は無茶苦茶です。
が、マスコミ関係者であればともするとこういう無茶苦茶な行為や主張を行うのではないか、というリアリティがあり、それがこれらの書き込みを「釣り」として成立させたのではないかと思ったわけです。

であれば世間のマスコミへのイメージってなんなのでしょう?

カンヌでいちばんうおおおってなった話。

そう言えば昨年カンヌに行ったときのことをまったく書いていませんでしたので。

個人的にいちばんうおおおってなったのは、授賞式でテリーサベージが出てきたときです。

こどものときからそうだったのですが、ある「ものすごい世界」を見せつけられたとき、僕はどうやら「そこに参加したい」という感情よりも先に「自分でもこの世界をつくってみたい!」という感情のほうが先にたつようです。
タカラヅカをはじめて見たときも、車のレースを見たときも、プロ野球を見たときもそうでした。

同じように今回も「受賞したい!」という感情よりも先に「テリーサベージみたいになりたい!」という感情のほうが先にたってしまったということです。

どちらにしても頑張らねば。

パブリシティプロモートもアートになる時期?の話。

クライアントとしては、PR会社の
「この番組のこのコメンテータにコメントを貰うのはほんとうに難しいんですけど、今回これに成功しました!」
にはお金払えないですよね。

特にウェブ広告が、露出回数に対して対価設定されている、あるいは誘導回数に対して対価設定されているという中で、そういうものに予算をかけるなんてことはできなくなってると思います。

そういう意味で、難しい番組へのパブリシティプロモートてのは一種の曲芸みたいになってるわけで、それ自体に見せ物として価値があるのならばとにかく、そのことの先にある価値を説明できないと、買ってもらえなくなってると思います。

アメリカのPR会社のパーソンであるアル・ライズは、絵画も写真も(そして広告も)、もともと情報メディアとしての機能を持っていたが、現在はその機能が期待されなくなりアートになった、みたいな言い方をしていますが、そういう意味ではパブリシティプロモートもアートになる時期に来たのかもしれませんね。




・・・で、ここからが重要なのですが、企業には通常、アートにお金をかける部署も予算もありませんよね。

Wrestlemania28プチ感想。正直「うーん。。。」

  • 更新日:
  • WWEなど
期待が大きかったぶん、長く待ったぶんなのか、正直「うーん。。。」て感じです。

特にこの大会の目玉、シナvsロックに関しては、かなり厳しい内容だったと思います。
昨年のサバイバーシリーズでのロックのコンディションがいまいちだったため、今回のロックにも期待はできないなという覚悟はあったのですが、はっきりそれを下回る出来だったんじゃないかと思います。ロックはこのあとに"本業"の撮影がありますから、大きな受けを取ることができないことはわかっていましたし、シナもそこに気を遣わざるを得なかったとは思うのですが、というか実際に気の毒なくらい気を遣っていたと思うのですが、それにしてもなんと言うかでしたね。
序盤からなかなか手が合わなくって、これは多少の演出もあったと思うのですが、大人と子供の喧嘩みたいに見えてしまった部分があります。個人的にはここで冷めてしまいました。ロックの受けのもっさりした感じにシナが明らかにヒマを持て余してる時間があって、でもそれがふたりの実力差、みたいに見せ切れないもどかしさがありました。
ロックが大きく受けられない分、シナもそれにあわせた受けをしていたと思うのですが、それが中盤以降のリズムを明らかに崩していたと思います。ロックが受けられないからシナの攻めが単発でもっさりしたものになる、シナもそれに合わせてもっさり受ける、て具合になるのでもっさり感が2倍になってしまってました。
でも終盤なんとかぎりぎり観客をのせることはできたあたりはさすがですね。これがシナだけの手柄なのか、それともふたりの手柄なのかはわかりませんが。

先月くらいにCMパンクがツイッタかなんかで「レッスルマニアは毎週出てる奴のための祭典であるべき」みたいなことを言ってたそうで、僕もそれには100%同意だったのですが、ロックは悪い意味でこのCMパンクの考えの正しさを証明してしまったようですね。

で、このレッスルマニアにはもう1試合目玉があって、こちらもまた「毎週は出てない奴」らの試合だったのですが、こちらはどっこいすごく良かったと思います。
トリプルHvsアンダーテイカー。レフェリーはショーン・マイケルズ。
試合そのものも好試合でしたが、これは多分ほかのブログとか2ちゃんねるとかでさんざん評価されると思うので、僕はちょっと違った側面からこの試合をレビューしたいと思います。
この試合の「毎週出てない」ふたり、はっきり言ってコンディションは悪かったと思います。特にアンダーテイカーのコンディションはここ数年でぶっちぎりに悪かったんじゃないでしょうか。でもそれをあまり感じさせない内容だったと思います。これはひとえにトリプルHが試合を全部引き受けてくれたからでしょうね。
プロレスの試合をつくるところは全部トリプルHがやってたんじゃないでしょうか。これはトリプルHさすがです。
でもこういうタイプの試合って、普通ふたりでやるところをひとりでやっちゃうもんでバランス悪くなりがちなんですね。シナvsロックの序盤とかがまさにそうだったと思うんですが。でもそうなってない。これはアンダーテイカーさすがです。たぶんアンダーテイカーはどうやっても自分の攻めのパターンや表現が狭くなってしまうことを自覚していて、その上でトリプルHに全部まかせつつ「アンダーテイカーってこうだよね」みたいなキャラクターの表現に終始していたような気がします。
まあこれは僕の妄想というか考え過ぎかもしれませんが、とにかくこの試合は良かったです。CMパンクのツイッタでの批判に対するひとつの答えになってたと思います。

プチ感想と言いながらどんどん長くなってますが、んじゃそのCMパンクはどうだったのよ、という話。
CMパンクはイベント終盤でジェリコを相手にWWE王座戦。
CMパンクって、相手を選ぶところがなくはないものの、基本的にやる試合は全部いい試合にまとめますし、対するジェリコはこれはもう名人なので、へんちくりんな試合にならないことは前からわかってたのですが、ただひとつ、ジェリコのコンディションだけが心配でした。ジェリコ、若く見えますけど、世代的にはロックより上、トリプルH、アンダーテイカーと同じくらいですからね。
で、この心配は的中してしまったように思います。
序盤、ジェリコがいろいろせこいことをして反則勝ちを手に入れようとする(この試合、反則でも王座移動というルールでした)のはまあお約束としても、中盤、明らかにへたっていた(終盤に向けてのスタミナ温存?)と思います。
ただ、このふたりがやはり一流なのはジェリコがへたっていた状態でも試合としてはダレなかったこと。中盤は、両方ともが意識的になのか受けの見せ方を派手にして、単発の攻撃威力の表現をすることに成功していたと思います。でかい会場だったので、終始盛り上がりっぱなしという具合には行かなかった中盤ですが、決して観客の集中力が切れていたわけではないと思います。
で、終盤はこってり風味の味付け。「思わぬ」体勢から「いつもの」必殺技に入る攻防(両者とも)を連続して見せるあたりは見事と言うほかないですね。観客も沸きまくり。CMパンクにはGTS、ジェリコにはコードブレイカーという当身系の必殺技もあるのですが、あえてそこを使わず(使ってたけど)アナコンダバイスとウォールという粘っこい必殺技の方をメインで使うあたりは観客と両者のコミュニケーションの結果、ということなのでしょうかね。このあたりは本当に盛り上がった。レッスルマニアの王座戦かくあるべし、というような内容でした。
2回目(だったかな?)のウォールでロープ寸前まで行ったのに引きずって中央に戻してウワアーというポイントが、個人的に今回のレッスルマニアで一番心に染み入った部分です。

せっかくなので他の試合も。

ブライアンとシェイマスの王座戦は18秒決着。緒戦だったこともあり、リズムに乗せるためこうしたのでしょうし、僕も見ていてその時はいいリズムだと思ったのですが、シナvsロックほかの試合がこんな感じになったことを考えると、もう少しあとの順番でしっかりやっても良かったんじゃないかと思います。

ランディvsケイン。悪くなかったけど抜群に良くはなかったかな。大舞台で緊張とかそういうのがこのレベルのふたりにあるのかはわかりませんが(多分ない)、ちょっとシリーズシリーズがしつこかったかもしれませんね。

コーディvsビッグショー。ビッグショー頑張ってましたが、普通の試合でした。コーディはミステリオとやってもビッグショーとやっても安定して自分のカラーを出せますね。近い将来が楽しみです。間違いなく数年後のレッスルマニアで主役はることになると思います。思えば大昔のロックがそうでした。
でもこの試合を最初にして18秒でも良かったような気が・・・。

チームジョニーvsチームテディ。CMパンク言うところの「毎週出てる奴ら」による6vs6チーム戦。ジグラーとかミズとか、この1年間獅子奮迅の活躍をしてきたのにこの扱いはちょっとひどいですね。CMパンクの言うこともわかる。
で、試合は、試合としてはともかく、個人個人の動きという点ではみんなしっかり仕事してました。ジグラーの鉄柱に頭ぶつけるムーブも「祭典バージョン」なのか気合入ってましたね。相変わらず素晴らしかったです。ミズも安定して良かったですね。サンティーノも安心して見てられました。この前のエリミネーション・チェンバーからですかね、風格も出てきましたよね。良かったのはこの3人かな。スワガーとヘンリーは物足りなかったです。他の人たちは普通でした。

かなり長くなってしまいましたね。
まとめです。
シナvsロックが返す返すも残念です。
2回見たのですが、シナvsロックが始まる直前、CMパンクが勝ったところで終わってれば爽快感のある番組で終わったような気がします。
ディーバ戦含めて8試合あったのですが、いいなと思えたのがCMパンクvsジェリコ、トリプルHvsアンダーテイカーの2試合だけというのはちょっと。。。
あと、毎週見てる身からすれば、やっぱりジグラーとかをもっと長く、いいところで見たかったです。ないものねだりになりますが、怪我で出られなかったバレットとか、クリスチャンとかアルベルトデルリオとかも見たかったです。
全体の感想はやっぱり「うーん。。。」です。毎週出てない奴らの祭典は、毎週見てない人のものなんですかね。ちょっと寂しかったです。

【これは便利】地球から見える星の明るさランキング

  • 更新日:
  • おまけ
ウィキペディアをもとにまとめました。

《星の名前》 《等級》
太陽 -26.7
-12.7
金星 -4.7
火星 -3
木星 -2.9
シリウス(大犬座アルファ星)  -1.47
カノープス(竜骨座アルファ星)  -0.72
土星 -0.4
アルクトゥルス(牛飼い座アルファ星)  -0.04
ケンタウルス座アルファ星 -0.01
ベガ(琴座アルファ星)  0.03
リゲル(オリオン座ベータ星)  0.112
プロキオン(子犬座アルファ星) 0.34
アケルナル(エリダヌス座アルファ星)  0.5
ベテルギウス(オリオン座アルファ星)  0.58
ケンタウルス座ベータ星 0.6
カペラ(ぎょしゃ座アルファ星) 0.71
アルタイル(わし座アルファ星)  0.77
アルデバラン(牡牛座アルファ星)  0.85
スピカ(乙女座アルファ星)  1.04
アンタレス(蠍座アルファ星)  1.09
ポルックス(双子座ベータ星)  1.15
フォーマルハウト(南のうお座アルファ星)  1.16
デネブ(白鳥座アルファ星)  1.25

http://bmidvar.tumblr.com/post/20519495296

企画の会議とかセミナーとかで「ユーモアは掲示板などで好意的に受けとられやすい」という話をさせていただくことがあるのですが、決まって「悪ふざけは掲示板などで好意的に受けとられる」というふうに誤解する方がいます。

こういう誤解が生まれる背景には、テレビが長らく「ユーモアすなわち悪ふざけ」という番組作りをしてきたことがあるように思うのですがいかがですかね。

感覚で言えば、掲示板などでは悪ふざけはネガティブに受けとられるケースが多いように思います。

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 10171683_10202108463336609_4098931910316391560_n.jpg

Powered by Movable Type 5.11