PR会社の人が言う「話題」とか「トレンド」って言葉がズレてることがままあると思う話。

昨日、あるセミナーで「広報・PRパーソンは広報・PRオタクになるべきじゃない」という話を聞いたということを書いたのですが、コレに関してもういちエントリ。

僕はこの言葉を「広報・PR業務の中で用いられる手法にこだわり過ぎるあまり、その本分を見失ってはいけない」というふうに解釈しました。これほんとにそう思います。というのも「見失ってるなー」てのを最近よく見かけるからです(笑)
て笑い事じゃない。

PR会社に勤めている僕が言うのもなんなのですが、PR会社の人が言う「話題」とか「トレンド」って言葉、ちょっとズレてると思いません?
「○○というアイテムが新聞に載っている。だから○○は話題になっている」
「▲▲は雑誌で取り上げられた。だから▲▲はトレンドだ」
みたいな言い方をするPRと会社の人って多くないですか?
いや、多くはないかもしれないですね。でもこういう人って結構いません?

最近、個人的にこういう物言いに複数出会って、それどうよ?と思ったので書いてみました。

PR会社にいる新聞に記事が載ること、雑誌に取りあげられること、が半ばオーダーのように求められます。
が、PR会社のクライアントにとって、それは中間指標のはず。PR会社のクライアントは多くの場合、新聞に記事が載ることや雑誌に取り上げられることを通して、その先にいる生活者との関係構築・継続コミュニケーションを求めているはずですよね。
PR会社に勤めている人はこれを忘れちゃダメだと思います。
クライアントにとってのコミュニケーションの相手≒生活者を全く無視してやれ雑誌だ、新聞だ、なんてPR会社、はっきり言ってお呼びじゃないです。

生活者がなんて言ってるか、そんなふうに感じるかなんてどうでもいい、新聞や雑誌に取りあげられることがすべて、みたいに考えているPR会社の人がいるとしたら、それはちょっとアレだな、と思うのです。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 10171683_10202108463336609_4098931910316391560_n.jpg

Powered by Movable Type 5.11