僕がPRの企画を考えるときにしていることの話。

どうやったらスレッドを立ててもらえるだろう?て考えます。
どうやったらスレッドを立ててもらって、そのスレッドにいろんなレスをつけてもらえるだろう?て考えます。
どうやったらいろんなレスがついて、★2を立ててもらえるだろう?て考えます。

だからスレッドを立ててもらって、レスをもらって、★2を立ててもらったところを想像するところから始めます。
だからそれがいつも想像できるように、スレッドを立てる人がどんなものを面白く思ってどんなスレッドを立てるのか、レスをつける人がどんなものを面白く思ってどんなレスをするのかを注意深く見ています。
(そしてこれはたいてい、僕にとっても面白く、興味深い作業です)

そして、スレッドを立ててもらえるような、レスをつけてもらえるような物語を考えます。
面白いと思ってくれる人がたくさんいるような、そんな物語を考えます。

でも世の中にはこれと逆の考え方があります。
それは、多くの人に面白い、興味深い、と思ってもらうことよりも、自分たちの考えた宣伝の文言をただコピー&ペーストか、それに近いような形でウェブ上のそこかしこに貼り付けてほしい、そうなることがよいことなのだという考え方です。

当たり前のことですが、僕はこういう考え方をする人とはあまりうまく仕事ができません。
でも僕はこういう考え方を決して否定はしません。僕とは合いませんが、そういう考え方にはそれなりの理由があるのだと思います。ただ僕はこういう考え方をしないというだけの話です(僕は永遠に生きていられるわけではないですから)。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 10171683_10202108463336609_4098931910316391560_n.jpg

Powered by Movable Type 5.11