先輩だから、上司だからこそ道理に気を配るべきだという話。

部下や後輩ができれば、あなたは自分の言葉をその人たちに受け入れてもらうことができるだろうし、その数が増えれば増えるほど、あなたの言葉に従う人は増えていくかもしれません。
その人たちは、理にかなわないことや、納得できないようなことでも受け入れてくれるかもしれません。
だからこそ先輩と呼ばれるような人たちは、上司と言われるような人たちは、自分の言葉が理にかなっているのか、相手にとって納得できるようなことなのかに常に気を配る必要があると思います。
相手が受け入れたから理にかなっている、納得している、というわけにはいかなくなるのです。

まして、相手が自分の言葉を受け入れるというその状況に酔い、道理をますます軽んじるようなことがあってはならないと思います。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 10171683_10202108463336609_4098931910316391560_n.jpg

Powered by Movable Type 5.11